本日のAirbnb No.13 緑豊かなワルシャワの広々としたフラット

こんにちは!Airtabi.netのmei( @airtabi2017 )です。
Airbnbを利用した「暮らすような旅」にはまってもう7年…
その楽しさをもっとたくさんの人に知ってもらいたくて、Airbnbの素敵なお部屋や体験をランダムにピックアップしてご紹介しています。

今回ご紹介するのは、ポーランドはワルシャワにあるこちらのお部屋。

開放的な78平米のお部屋は1920年代に建てられたレトロなもの。
ゴシック様式のアーチが印象的です。
ベッドルームは2つ。ひとつはキングサイズ、もうひとつにはダブスサイズのマットレスが床置きのようです。
それに加えてリビングのソファもベッドとして使用でき(ただし寝心地はあまりよくないかも…の注意書きあり)、最大5人が眠れるだけのスペースがあるようです。
フルサイズのキッチンや、ワークプレイスになりそうなコーナーも。
写真を見ると、インテリアのひとつひとつにオーナーのセンスが現れているような気がします。

驚きなのは、この広さと設備で1泊8000円ほどという手頃な価格。(別途サービス料等が必要)
ポーランドをはじめ、東欧の宿はホテル等でも比較的安いのですが、
家族旅行の場合など、広いキッチンでちょっと料理をしたり、いつでも気楽にお茶を楽しんだりすることを考えると、ホテルよりもAirbnbのお部屋が魅力的に思えてきますね。

レビューを読むと、近くにスーパーがあったり、観光スポットにも徒歩で行けるととても好評のお部屋のようです。
スーパーホストのバッジをもっているのも、エアビーでお部屋を選ぶときの安心材料のひとつ。

まるでおとぎ話の中に迷い込んだような建物が残るワルシャワ歴史地区や、
ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会など、見所も多い街。
ぜひ、訪ねてみませんか?

Airbnbに新規ユーザー登録すると、初回の旅行で使える$35分のクーポンをプレゼント!
こちらからぜひ、登録してみてくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

お金はないけどそれなりに楽しく安全に海外を旅したい。現地のスーパーで食材を買って料理を楽しみたい。そんな自分にとってAirbnbとの出会いは最高の経験でした。海外旅行での滞在日数合計400日↑のmeiが現在進行形で、エアビーの魅力、体験談、暮らすように旅を楽しむアイディアを発信します。